おやまーの日々

好きなもの、気になること、日々あれこれ

14376日目のさくら旅

三春の滝桜。 樹齢千年を超えるというしだれ桜。 一目見たい、今年こそは!と出かけました。 ちょうど満開、僅かに花びらが落ちる程度。 これからは、すばらしい桜吹雪になるでしょう。 想像するだけでも素敵。見てみたくなります。 新幹線の車窓は、郡山に…

14371日目の学び

今日は朝からある勉強会。 学んでも取りこぼしの多い自分に気づきながら、止める気にはならず、 もどかしく、迷いながらも、今はただついていくのです。 終わって、近くの公園で一息つきました。 名残の桜。 ちょっとピンぼけ… 花の小さなハナミズキ。 それ…

14370日目の麗らか

気持ちのいい晴れ。 日中は暖かく、桜もまだまだ見頃。 梨もハナミズキも花をつけています。 こんな日のお出かけはうれしい☆ こぎん教室。 二人も新入りの方がいらして、先生もどことなく華やいだ様子。 ここ2、3回、課題が進まず足踏みの私も、刺し上がり…

14368日目の編み物

休養日。 ふと思いついて、買い置きの糸をかたちにすべく勤しんでいます。 ごく淡いピンクの色、心も浮き立ちます。 ゼムクリップは目印。 編み物用のリングも売っていますね。 でも手近にあるこれを、つい使っていて、 時には安全ピンも動員したりして。 も…

14367日目の小さな旅

花散らしの雨。冷え冷え。 小さな旅(という名の通院)も、低調な出だし。 小湊鉄道の切符販売機が 売ってくれなくて戸惑っていると、改札係のおばさんが出てきてくださり助かりました。 ちょうどの金額を入れても売らないなんて!と思ったのは、私の解釈。 考…

14363日目のすみれ

うららかな陽気に誘われて、お花見へ。 空色も、樹々の芽吹きも美しい。 途中、足元を見てびっくり! こんなに勢いよく!! すみれさん、桜に決してひけをとらないね。 タンポポやスズメノエンドウ、シロツメクサにもみとれてしまい、 目的地にはなかなかた…

14357日目の桜

東京で用事を終えた帰り、 花を求めて公園に向かうと、 咲いていました! やはり都会は一足早いですね。 枝振りのいい楓も、芽吹きと同時に花をつけていて、 暗赤色の粒々が枝々にいーっぱい! あんなにたくさんの花を見たのは初めて。 その一つ一つに桜と同…

14354日目のトイレ

我が家のトイレは、越してきた時から古びていました。 もちろん洋式ですが、なぜかクラシック感が漂うのです。 それからさらに時が経ち、大家さんが交換に乗り出しました。 その工事が今日。 一時間ほどで、工事完了。 いつの間に運んだのか、重くないのか、…

14352日目の見納め

一時雨、その後回復。 浅草アミューズミュージアムへ、菱刺し展目指しておでかけ。やっと行きました、行けました。 今月末閉館のアミューズミュージアム。幾度か観ている品々も多々ありますが、改めて美しく、愛しく、背景を思うと苦しくもあり、ただゆっく…

14351日目の花々

穏やかな日和。 買い物がてら少し寄り道をしたら。 なんと美味しそうなたんぽぽ! 葉っぱをサラダにできそう。 地べたに張り付くように咲いているものもあるのに、 伸び伸び育ったんだねー! なんだか喜ばしい☆ 朱赤のツツジも、狂い咲きと思えぬほど、 いく…

14348日目の相性

晴れ時々曇。暖かさに驚く。 アウトドアの日。 といっても、公園散策なんです、私の場合。 日射がずいぶん強くなりました。 日除けの帽子がほしいくらい。 カメラを持ち、花々や景色を撮っていますが、まだまだ慣れなくて、 何かのボタンに触れてしまい、戻…

143467目の春の嵐

晴れたが、風が吹き荒れる。 暖かさに身も緩みます。それとはうらはらに、激しい大気の変動のためか、 だるさがつきまとっています。 ひとことで言えば、からだが重い、気が重い。 気持ちが弾みそうでいてブレーキがかかるような、こんなとき。 座ってできる…

14338日目の見事

晴れ。暖かうららか。 夕にはきれいな上弦の月。 河津桜が満開のお宅で、先日からライトアップをしています。 ソメイヨシノは妖艶になりますが、花びらが大きめの河津桜は、華麗。 枝いっぱいの花々も散り落ちず、ずいぶん長持ちです。 月と一緒に撮りたくて…

14337日目の3.11

祈念の日。 静かに過ごしました。 それぞれが各々の立ち位置で、様々な想いを持っていることと思います。 恥ずかしいのですが、私にはこんな思い出があります。 震災直後、心配になり、千葉県内の実家へ行った時のこと。 黒い水に覆われていく土地の様子を、…

14335日目の岐路

晴れて暖か。 けれど夕より冷たい風が強まりました。 こぎん教室へ。 今日は私一人。先生独り占め。 嬉しいような、恥ずかしいような。 話の間を持たせることが苦手で、失敗!と思う場面もありました。 でも今は、引きずってはいられません。 お元気そうに見…

14334日目の梅見

一昨日からの雨模様も終わりを告げ、すっきり晴れました。 そこで毎年恒例の梅見スポット、戸定邸へ。 手前の広場の若木は、勢い盛ん。 空の青さもすばらしい! これはお屋敷前の河津桜。 奥の古木は終わりに近く、携帯での撮影は断念。 ヒイラギナンテンの…

14332日目のティータイム

有楽町の珈琲茶館集へ行きました。 ハーブティーを頼むと、茶器が思いがけず、ガラスのチロリとぐい呑みのような感じ。 おしゃれだけど、薬湯を飲むかのような気分も。 私は普通のカップの方が寛げていいな。 友人の頼んだケーキも、意外な形で登場。 抹茶と…

14331日目の平穏

晴れ。 気分もあがります。 近所の河津桜が、満開! 一昨日、コンロの鍋からガラスの蓋を取って置いたら、真っ二つになりました。 昨夜は、風呂の電球が切れ、仕方なく外から照らして入りました。 もしや今夜も何事か? と、何となく期待をしてしまいました…

14330日目の休養

雨降り。 昨日も雨。寒さで出かけそびれました。 何か、身体の芯が疲れているような感じがします。 暖かさとともに、気持ちに元気をもたらす陽射しが恋しい。 けれど雨も、恵みをもたらし、本格的な春へと誘う大事な営み。 しっかり休んで、華やかな時期に備…

14328日目の花見

梅の花が満開。 河津桜も、ずいぶん咲いています。 沈丁花は、七分咲きかと思えば、三分咲きのものも。 ちょっと路地が違うだけで、ずいぶん差があります。 近所を散歩して、花見を楽しみました。 本格的な春への足音が聞こえてくるこの時期。 早春の花見に…

14325日目のお雛様

我が家のお雛様が、お出まし。 こけしみたいなお雛様と 紙のお雛様 どちらも小さなものですが、飾ると華やぎます。 実家にある私のお雛様は、木目込の立ち雛。 支度が難しくなった母のもとから、引き取った方がいいのか、迷います。 図書館で借りた本、‘’雛…

14322日目の朝飯

出掛ける用事があるのに、起きた時には時間が迫っていた。 炊いてあった玄米飯を温め、舞茸入りのお湯を沸かしがてら、葱を刻み、とろろ昆布を椀に入れ、サクッとお汁もできあがる。 冷凍のナゲットを温め、ご飯に梅干しを乗せて。 お腹が満ちる食事が完成。…

14321日目の決意

ものごとをなかなか決められない。 ものごとがなかなか続けられない。 続かないから、始めることを怖れる。 この繰り返し。 だけれども。 カメラを買うことにした。 高価なものを。 そこそこのカメラでは満足できない。 こぎん刺しの色合いをきれいに写した…

14278日目の鏡開き

晴れ。風もあり寒い。 鏡開きなり。 丸餅を重ねて小みかんを載せた、寸胴姿のものを、お飾りと言っていいものかはさておき。 表面がカピカピに固くひび割れたけれど、カビないのは不思議。もち取り粉がカビの餌なんだなあ。 プラスチックで覆われた鏡もちを…

14276日目の好日

快晴。風あり冷える。 見たかった映画が終わりそうで、ようやく出かけた。 日日是好日 樹木希林さんの佇まい、素敵。 映像ならではの表現にハッとする。 原作でもお茶を習いたくなったけれど、また熱が… 映画は映画館で観るがよい。 見返す時間があるじゃな…

14268日目のみかん

晴れ。 穏やかな年明け。 年末に鏡餅用のお葉つきみかんを初めて買いました。 お飾りにした残りを食べようと、小さなみかんを剥いてみると。 皮離れがよく、けれど房同士は少し分けにくく。 口にすると、種がたくさん。 食べられるところは、僅か。 そうか、…

14267日目の年越し

晴れ。寒いが穏やか。 2018年が終わる。 新しいことを教わり、 古いものに目を向け、 動くきっかけを探る、 そんな年だった。 昨日から、昔大好きだった歌い手の曲を全部かけ、年末恒例だった全曲ライブを偲んだ。 久々の音楽に、身の内の情熱は変わらないこ…

14250日目の煌めき

晴れ、寒さとともに風あり。 木枯らしがなかったから、やっと北風小僧がやってきた感じがする。 ついつい家から出ずにいて。ついついゆっくりして。年末の慌ただしさをスルー。 いいのか?何もできずに時間を過ごして…。何かしなければ…。 そんな、心を塞ぐ…

14246日目の記念日

晴れ、寒さ続く。 ノーベル賞受賞式の日は、私の節目の日。 フォンタンという、心臓のリフォーム手術をした、いわば第二の誕生日。 あれから39年、想像もしなかったことがたくさんあり、今に至ります。 支えてくださった方、亡き先人、ともに生きる仲間、家…

14245日目の大根

晴れ、ごく寒い。暖かな昨日までとの差が激しい。 三浦大根がやってきて、大根を煮ては食べています。 どっしりした三浦大根は煮もの向き。うれしい冬の味覚。 同時に頼んだおまかせセットが、下仁田ねぎと大根1本! 定例の長ねぎと、ダブルで重なるという事…