おやまーの日々

好きなもの、気になること、日々あれこれ

はじめての世界

音のない世界での、おしゃべり。

近くにもあるはずの、その場所。

そこへ誘う催し、ダイアログ・イン・サイレンス。

 

念願だったその世界へ、先日行きました。

 

聴覚障害のあるアテンドに案内され、他の10人の参加者と過ごした90分。

 

話すことは、声も、手話も、禁止の約束。

通じることも、わからないことも、あります。

それでも時間は、プログラムは、進んでいき、

わからないことはそのままに、わかったことは淡く感じ取ったままに、

次の場所へと案内されていきます。

 

その解り方の、頼りないこと。

いつもと違うルートで受け取る心もとなさ。

 

身なりより、人そのものが目に入り、

伝わるときの感覚は響き、

いつもと違う形のエネルギーが行き交っていく。

 

はじめはぎこちなかった時間の流れが、いつの間にかスルッと流れ、

最後に、いつもの世界にいくと、いつもの感覚へ。

*****

音のない世界のコミュニケーションは、私にはハードル高いと思っていました。

体調が低値安定なので、省エネモード、動作控えめで過ごしていますし、

疲れると反応が鈍くなり、表情も出なくなりますから。

 

実際、体の反応が鈍くて もどかしいことはありましたし、

アテンドさんから反応が薄いと指摘された場面もありました。

 

でも、それを承知で参加しましたから、

その時の私の精一杯でいいんだと、場に任せました。

 

正直、鈍い私がいたせいで共鳴しなくて盛り上がらなかったのでは?と思いました。

(場の流れに添えなくて、和を乱している感じ)

けど、盛り上がれる人も、そうでない人もいるのは、当たり前ですよね。

たまたま聴こえない人が世の中にいるように、

たまたま身体表現が難しい人も世の中にいる。

困った/助けたいと感じたら、相手と関わりたいと思ったら、その時にできることをしていけばいいだけで。

場に添えない感覚は、身体表現の言語障害だったからかもしれません。

***

声が伝わらなくても、あんなふうに/あそこまで、コミュニケーションできる。

疲れているなりに、大丈夫、何とかなる。

そんな感覚を知ることができました。

ツアーの仲間に恵まれて過ごした、

あっという間の、貴重な90分でした。

 

アテンドのジョニーさん、頼もしかった!

偶然のご縁でご一緒したみなさん、ありがとうございました。

 

次回開催は来年。

また行きたいな。

■鎌倉駅

有名な観光地、鎌倉。

そこにも、いくつか風景印があります。

今回は、駅に近いこちらを。

 

◇鎌倉郵便局

鎌倉駅東口、広い道を鶴岡八幡宮と逆方向へ少し行くとあります。

 

大きな郵便局は、営業時間が長いことがあります。

こちらも、平日9時~19時、土曜9時~15時に開いています(掲載日時点)。

 

f:id:Oyamada23:20190819224458j:plain

ローマ字表記があるのは珍しい。

この地ならではの図がすてき。

海外から来た方にも喜ばれそうですね。

□インクジェット消印

仙台市の友人から届いたはがきに、おや?と。

f:id:Oyamada23:20190819223821j:plain

 

調べたら、

新仙台郵便局は、仙台各地の郵便物が集められる、一般的な窓口のない、郵便物処理のための特別な郵便局だそう。

そのため、押すスタンプではなく、素早く処理できる印刷タイプの消印が使われるようです。

 

手紙は人の手を使い処理されるイメージがありますが、

それは昭和のことで、今は様変わりしているのですね。

 

インクジェット消印は、銀座、東京北部の二種類を見たことがありますが、仙台でも使われていたのですね。

 

郵便ポストに出した手紙やはがきは、

地元の大きな郵便局で消印を押され、

あて先近くの郵便局へ運ばれて、届けられる。

そんな時代も、変わりつつあるのでしょう。

 

私が出すはがきも、思わぬところを旅して行くのでしょうか?

足さなくていい

先日、久しぶりに美容院に行きました。

髪を洗ってもらい、カットしてサッパリ。

気分も軽々~!

 

でも、困ったことが…

香料が、鼻について鬱陶しく感じるのです。

何も付けないでとお願いすれば、希望に添ってくれますが、

髪にとっては、あまりよくないでしょうし。

 

お店の人は、何かケアをすることがサービスですから、

よかれと思って、いろいろと説明してくれるのですが、

それを断り続けるのも、ちょっとしたストレスです。

 

思い余っての、ふだんは千円カット。

だけど、いつもサッパリしていたい。

 

ちなみに、宿泊先のリンスやトリートメントも、使いません。

リンスインシャンプーは、シャンプーと思って洗い流します。

それでも香ってきますから、それで私には充分なんです。

いや、それも時には香りが鬱陶しいと感じます。

 

野菜や果物の香りには、そんなに鋭くないので不思議です。

人工のものだからなのか、少しの香りでも気になり、

心地いいものではないので、意識の上に異物がある感じの鬱陶しさなのです。

 

無香料のケアが受けられるとか、

せっけんシャンプー類を使う美容院、

近くにあるといいな。

すてきな空間

目黒の雅叙園で開催中の

和のあかり展×百段階段2019~こころの色彩~

毎年楽しみにしている催し、

今年も、素晴らしい空間が広がっていました。

 

f:id:Oyamada23:20190814151649j:plain

わ~、連れてかれるぅ~

先ずは、青森ねぶたがお出迎え〈ねぶた師北村春一〉

以下、部屋の並びは順不同です

 

f:id:Oyamada23:20190814151654j:plain

提灯の通路をいくと

f:id:Oyamada23:20190814151702j:plain

長崎!

f:id:Oyamada23:20190814151706j:plain

ランタンフェスティバル

f:id:Oyamada23:20190814151710j:plain

天井絵とコラボ

f:id:Oyamada23:20190814154240j:plain

この方も初めて見たことでしょう

感想お聞きしたいな

 

f:id:Oyamada23:20190814155306j:plain

光と影に助けられて、ここでは傘が主役

山鹿灯籠浪漫 百華百彩〉

f:id:Oyamada23:20190814155207j:plain

龍の姿が!

 

f:id:Oyam
ada23:20190814160635j:plain

灯鶏(とうけい)「なによ、やる気?」

f:id:Oyamada23:20
190814160731j:plain

かんガエル「いやん」

f:id:Oyamada23:20190814161622j:plain

ひっくりカエル「お手上げ!」

 

このカエルさんたち、キュートで大好き☆

〈照明塾 橋田裕司〉さん手がけたカエル君、去年もくぎ付けでした。

 

f:id:Oyamada23:20190814161657j:plain

おみやげにも最適、柳井の金魚ちょうちん

 

f:id:Oyamada23:20190814162631j:plain

かわいい

f:id:Oyamada23:20190814162704j:plain

ちょっとシュール

f:id:Oyamada23:20190814162826j:plain

これはいや~

 

こけし作家 林貴俊〉さんの感覚、私にはついていけませぬ

 

f:id:Oyamada23:20190814162928j:plain

折り紙の造形から、こんなに美しいものが

〈オリテラス 折り紙作家布施知子/照明デザイナー阿曽正彦〉

 

f:id:Oyamada23:20190814195811j:plain

〈錆和紙作家 伊藤咲穂〉

f:id:Oyamada23:20190814195836j:plain

〈山川建具〉

f:id:Oyamada23:20190814195931j:plain

〈籠染灯籠〉

f:id:Oyamada23:20190814200102j:plain

f:id:Oyamada23:20190814200242j:plain

f:id:Oyamada23:20190814200446j:plain

星月夜の森、すてき〈漉工房 高橋しげこ〉

f:id:Oyamada23:20190814195704j:plain

〈照明作家 弦間康仁〉

f:id:Oyamada23:20190814200522j:plain

 〈高橋工房〉

f:id:Oyamada23:20190814200617j:plain

鉄腕アトムだ!

〈江戸硝子〉

f:id:Oyamada23:20190814200706j:plain

光との共演に感嘆〈山田硝子加工所〉

 

すばらしい工芸品、他にもたくさん

光量が足りず写らなくて残念至極

ということは、ひとの目って、どれだけ性能がいいのかしら

 

f:id:Oyamada23:20190814202129j:plain

f:id:Oyamada23:20190814202206j:plain

f:id:Oyamada23:20190814202319j:plain

郷愁を感じる場面が他にもたくさん
〈あかり絵 入江千春〉

 

この部屋の奥で、サンドアートの映像がありました

すばらしくて、驚愕 〈emullenuelt〉

 

f:id:Oyamada23:20190814202357j:plain

窓に富士山が

これは百段階段の建物

 

f:id:Oyamada23:20190814202958j:plain

 〈江戸組子〉

f:id:Oyamada23:20190814203038j:plain

未来都市にも見えますが

f:id:Oyamada23:2
0190814203122j:plain

部屋の建具(扉)としっかりマッチ f:id:Oyamada23:20190814203138j:plain

よく見れば魚が…

f:id:Oyamada23:20190814203153j:plain

そこここに

〈竹あかり作家 NTTAKE〉

 

繊細な作品が多かった印象の今年。

堪能しました。

■池袋駅(西口)

池袋駅周辺の郵便局には、たいてい風景印があります。

今回は、駅周辺の案内板を参考に行かれる、こちらを。

 

東京芸術劇場郵便局

池袋駅西口向かい側、公園の隣の建物、

その1階奥に郵便局があります。

小さい郵便局はふつう17時までの営業ですが、

東京には、18時まで開いている郵便局があり、

こちらもそのひとつ。(営業時間10時~18時)

 

建物メインの図ですが、花型がすてきです。

切手に上手くかかるよう押すのは難しそう。

f:id:Oyamada23:20190810231931j:plain

 

催しに出かけたときに寄ってみたいですね。

14491日目の別れ

暑さ爆走中。

 

本日、休養日。

 

いつも使っているSuica入れが、かなりくたびれているなと思い、

洗って、ほどいてみましたら。

f:id:Oyamada23:20190812210412j:plain

こんなに汚れていてビックリ!

f:id:Oyamada23:20190812204701j:plain

今までよく頑張りました。

 

仕立て直すつもりでしたが、これは難しいですね。

内側だったところも、端がボロボロ。

 

今、同じものをつくる気力はありません。

もしかして、刺して10年近く経つかな。

ここまで使ったら、大往生と言っていいでしょう。

ほんとうに、お疲れさまでした。