おやまーの日々

好きなもの、気になること、日々あれこれ

14435日目の三咲

暑くても風はさわやか。

 

用事帰り、あまり行くことのない駅でのこと。

ツバメが子育てをしているのに出会いました。

f:id:Oyamada23:20190617232857j:plain

 

 

糞を受ける箱など、駅員さんの愛ですね。

ツバメの姿まで描いてあって、だけど言葉が最後まで読めなくて、

なんだか微笑ましくなります。

 

最近は身近で見ることが少ないけれど、今も大切にされていたんですね、ツバメさん。

健やかに巣立ちますよう。

 

 

ふなっしーのサインが貼り出され、グッズが置いてあるのも珍しい。

 

ここは、幸運を呼ぶものが留まる駅のようですよ。

太れるって幸せなこと

スリムでいいね、と言われます。

痩せたい、太ってしまった、と、特に幅広と思えない人が言います。

それを聞くと、いつも不思議に思うのです。

 

なぜスリムだといいの?

どうして太りたくないの?

 

体のラインを美しく保ちたい、とか、

スマートな服を着たい、といった欲が私にはないから、

太ると困る感覚がわからないこともあります。

 

でもね、私、太った自分をイメージできないんです。

体重が増えれば身体を動かすのがしんどくなるし、

食べ過ぎれば、消化に疲れるときがあるので。

だから自然とある程度の範囲に納まる…、

いや、無意識に納めているのかも。

 

だから、5キロ太った、10キロ太った、なんて聞くと、

余裕があるんだなあ、すごいなあ、と思うのです。

疲れない身体、重さを身に付けても動ける身体でしょう?

疲れやすい私からすれば、とても幸せなこと。

 

でも、体調がいいとき、動けるのが当然で体を意識しないように、

余裕があるときは、その余裕が当然だから意識できなくて、

それがあることの幸せを感じづらいのかも。

 

だとしたら、やはり私の方が幸せなのかしら?

って、それ、比べるところではないですよねf(^_^)

14433日目のこぎん

雨降りで寒さ感じる日。

 

こぎん刺し、今回はすんなり刺し始めて、ついつい刺したくなっています。

最近なかなか進まなかったので、なんだか新鮮。

f:id:Oyamada23:20190616001835j:plain

 

アップで撮ると、がっしりして実物と違うみたい。

やわらかな風合いが感じられなくなります。

こぎんを写真で上手く表現するのも、腕が必要。

というか、携帯カメラでは無理ですね…。

 

白の模様は「猫の目」の連続。

一つみると、なんとなく、睨みをきかせているような感じがして、魔よけになりそう。

 

津軽の人が魔除けで使う模様は全然別のもので、どうしてこの模様が?と思うのです。

一つ一つの模様の名は、少しの説明で、なるほどと思いますが…、

魔除けの意味にはストーリーがあるのでしょうか?

95歳の壮年

影絵作家の藤城清治さん。

毎年行われる銀座の展覧会に出かけるようになって、何年になるでしょうか。

 

今年95歳。

宮崎空港のステンドグラスが完成し、秋田美術館では展覧会開催中。

そこでのサイン会はもちろん、他の地域でもサイン会をしておられるとか。

もちろん作品製作も。

精力的な活躍を見聞きするだけで、めまいがしそう。

 

4月・5月の2回にわたり、ラジオでインタビューの放送がありました。

私は聞き逃しましたが、文章化したものがありました。↓

 

影絵作家・藤城清治95歳①「一番経験を積んだ今日、一番いい作品が創れる自分で」|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

 

影絵作家・藤城清治95歳②「歳を重ねるほど出てくる“なにか”を味わっていきたい」|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

 

不遜な言い方かもしれませんが、深い経験に裏打ちされた力が、作品やお人柄に顕れていると思っていましたが、

インタビューで、後ろにある経験や想いが見えるよう。

作品から感じる以上に凛としていて、背筋が伸びるような強さを感じました。

 

藤城美術館のサイトによれば、恒例の銀座・教文館の展示は、8月~10月にかけて行われるそう。

ますます楽しみになりました。

14429日目の不自由

陽が射すと暑いような、着るものが悩ましい日。

 

出かけた折に立ち寄った喫茶店

メニューが変わっていました。

ちょっと当てが外れた気分になりながら、注文をすると、

「お水はあちらにありますので、ご自由に…(以下、文言失念)」

 

ああ、そこも変わったのですね。

私のお休み処としてはポイント低くなりました。

 

最近、水をセルフでという喫茶店がままあります。

入って注文するまで、それがわからなくて困ります。

疲れて、もう歩きたくない、とにかく座りたいと、目についたお店に入ってセルフだと、本当にがっかりです。

ひとまず水を飲んで息をつく、ことができないのですから。

 

私の求めるサービスと、店の方針が違うのは仕方ない。

でも、以前はどこでも持ってきてくれた水がなくなることは、

ふだんがしんどい私には大きな違いです。

セルフなら嫌だわと立ち去ることも難しいのです。

そんなとき、一体どうすればいいのでしょう?

 

私にとって、水のセルフは不自由です。

身体の自由が利かない人にとっても、たぶん不自由。

それでも「ご自由に」なのかしら…。

 

何にせよ、私には悩ましい。

デザインの面白さ

不思議なんです。

こぎん模様のパターンは、全部同じです。

上半分と下半分で、配色を変えて刺しました。

f:id:Oyamada23:20190610212635j:plain

(画像はフィルターかけています)

 

半分ずつ見ると…

f:id:Oyamada23:20190610212412j:plain

 

f:id:Oyamada23:20190610212515j:plain

全然違うみたい!

 

これだから面白くて止められません。

 

配色や模様の組み合わせを生徒それぞれが自由に考えてゆく、K先生の教え方に、とても感謝しています。

楽しさと力をたくさん得て、次の課題が気分よく進みます。

 

 

 

ところで、ふと思ったのです。

f:id:Oyamada23:20190610212842j:plain

こうと思われていた人が、

f:id:Oyamada23:20190610213001j:plain

こんなと思われたりすれば、

表裏があると思われるかもしれないけれど。

 

実際は、こうで、

f:id:Oyamada23:20190610212141j:plain

表も裏もありません…

だったりして。

 

一部分だけみていて、違うものに思えるだけということ、

もしかしたら、いっぱいあるのかもしれません。

鉄道で行く?三陸防災プロジェクト2019の小型印(消印)

岩手県内22の郵便局が扱う、三陸防災プロジェクトの小型印(消印)。

[参考;小型印 - 日本郵便]

鉄道好きな私は、途中下車して貰いに行けないものかと考えてしまいます。

(コンプリートは難しいでしょうけど、つい妄想…)

そこで、ちょっと調べてみました。

 

この小型印(消印)は、6月10日~8月7日の間、郵便窓口で押してもらえます(はがき代以上の料金が必要)。

下記郵便局へ平日の9時~17時に行くか、郵便で依頼する、いずれかの方法で入手できます。

※詳しい説明は他サイトに譲ります。

 検索キーワード;小型印とは/風景印集め方

 

扱う郵便局、北から南へ

◇JR八戸線

|*種市駅A・種市郵便局☆

|*陸中中野駅B・陸中中野郵便局★

三陸鉄道

|*久慈駅A・久慈郵便局☆

|*陸中宇部駅A・宇部郵便局☆

|*陸中野田駅A・野田郵便局☆

|*堀内駅A・堀内郵便局★

|*普代駅A・普代郵便局☆

|*田野畑駅A・平井賀郵便局☆

 *(田野畑駅?)…田野畑郵便局☆

|*岩泉小本駅A・小本郵便局☆

 *(?)…岩泉郵便局☆

|*宮古駅A・宮古郵便局☆

 *宮古駅C・鍬ヶ崎郵便局☆

|*陸中山田駅A・山田郵便局☆

|*織笠駅B・織笠郵便局★

|*大槌駅B・大槌郵便局☆

|*釜石駅B・釜石郵便局☆

|*三陸駅A・三陸郵便局☆

|*盛駅A・大船渡郵便局☆

 *(?)…住田郵便局☆

◇JR大船渡線BRT;

|*陸前高田駅B・陸前高田郵便局?

|*栃ヶ沢公園駅B・陸前高田郵便局分室☆

 

[駅名の後ろの記号;

A=駅よりおよそ10分以内

B=およそ20分以内

C=およそ30分以内]

[☆印;風景印あり、★印;風景印なし]

[各郵便局の連絡先や地図は、日本郵便HPより検索を]

 

※上記は、個人が調べたもので、間違いがあるかもしれません。

どうかご了承ください。

 

 

局により、デザイン(花の種類)が違うようですが、

一つのイベントで、こんな多くの郵便局が似た図案の消印を扱うのは珍しい。

風景印のない郵便局もあって、

つい、集めてみたくなります。

(さて、どうやって行こう?)

 

この期間に三陸を旅するみなさん、

ちょっと寄り道してみてはいかがでしょう?

 

 

 

ちなみに、織笠郵便局は、震災以降ずっと休止していて、今年4月に再開したそうです。

出かけた折りにはぜひ立ち寄りたいところです。