おやまーの日々

好きなもの、気になること、日々あれこれ

できるかな

先日、ジュートのエコバックを見かけて、 こぎんが刺せそう!と買ってきたものの、 いざ刺そうとして、裏引きしてあるのに気づき、 一針一針ブツブツ刺していくのは力技だから、 さてどうしたものかと思案しています。 裏で強化しないと、この布はすぐ傷むも…

壬寅の初詣

船橋大神宮へ初詣。 土曜ゆえか境内に列ができていましたが、 本殿寄りでお詣りできることを満喫。 出店も出ていました。 わたあめ、焼きそばなど、食べものがほとんどでしたが、 私は大小並べただるま売りがお気になり。 今は時期じゃない気がするので、い…

よいものを日常づかいに

昨年一番よかった買い物 柏ビーズのICカードケース (紐は自分で付けた)交通系ICカードを入れ、ピッとタッチして使っています。 その度、お気に入りを目にして、とても嬉しくなります。 逆さにしても中身が飛び出さず、安心して使えます。 ストレスなく使えて…

雪積もる

昼ごろ、ちらちら降っているのに気づきましたが、 午後3時 午後4時半 いろんな大きさの雪があって、 落ちてくるスピードも意外と早いですね。 こういう時、雲の中はどうなっているんだろうなぁ? こんなに氷(雪)に覆われては、部屋も冷えるわけだ… ヒータ…

二日月夜

陽が落ちてから散歩にでたら、空気が冷え冷え〜! 凍れる寒さ、明日もしかして雪予報とのこと、うなずけます。 細めの三日月が冴え冴えとして。 月に見守られての道中でした。 * 近ごろはクリスマスが終わっても、 輝くイルミネーションをあちこちで見かけ…

本も語る

読みたいと思った本を入手して、 手触りと佇まいにうっとり。 本の中身の文章が、人を経て大事に編まれ、文字組みされ、 ふさわしい装丁に包まれて。 たくさんの人の「これをどうぞ」のかたちが、紙の本。 身体を信頼してできているもの。 身体で感じるもの…

時代の一コマ

新聞を取らなくなって10年くらい経つでしょうか。 元日の記事を読みたくて、昨日買った新聞を、 今日になって読むのもなんですが、 年始ならではの広告に時代を感じました。 出版社の広告が並ぶのは懐かしい光景。 もっと文字が多く硬さがありましたが、 ず…

新春はじめ

新年おめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 今年の年賀切手はシール式。 渡されたときは、ギザギザはないのかと不思議でしたが、 こうなっておりました。 トラ脱走の図 残った枠のシールを、証明写真に貼ってみたくなります(笑) 昨日は…

干支の交代式

今年も恒例行事を無事行いました。 「任せたよ」「おう!」 頼もしい面持ちの寅、これで来年も安心です。 静かに過ごした中でも山あり谷あり、 そんな年が一区切りとなります。 来年は大きな動きがありそうな予感。 それが何かはわからないけれど、 いつも通…

充実の林檎

蜜がたっぷり入った林檎をいただきました。 瑞々しくて甘く、とても美味しい。 芯まですき間なく身が入っていて、元気な証拠。 あ、盛りつけが大胆すぎましたね 輪切りにすると、花の面影がわかります。 蜜が見えにくくなりますが、植物好きだからこの形にほ…

年の瀬

東京駅の風景印ポストも年賀扱い中。 何やらものものしい表示 あれっ? ここは通常郵便と年賀郵便が同じ入れ口 このポストは無休で風景印を扱うのかしら? どこかに書いてあったのかも… 東金や白井の風景印ポストは年末年始は風景印はお休みなので、 風景印…

ぽすくまのお願い

昨日、ぽすくまくんを出先のポストで見かけました。(ピンぼけで失礼) 年賀状は12月15日からポストで受付ています。 年賀状=お正月に配達してほしい郵便には「年賀」と切手の下に書いてくださいね。 そうでないと、すぐ配達されてしまう(普通のはがきと一緒)…

働けなくても

船橋FACE入口にて 半透明でよく写りませんが、音符柄のテープが巻かれています。 別の出入口のところにはストリートピアノがあって、 誰でも自由に弾くことができます。いえ、できました。 そう、コロナの影響で、ずっと蓋は閉じられたまま。 近づくと素敵な…

この時期は

この時期は楽しみがたくさん。 クリスマス飾りの華やかさもいいけれど、 雑貨を眺めるのも楽しみのひとつ。 先日は、布巾をプレゼントしようと柄を選んでいるうち、 自分用もお買い上げ。(写真左) 雪華や雪輪の柄が好き しまい込んでいた手拭いもあったな、…

15341日目の平穏無事

今日は第二の誕生日。 心臓の修復手術から42年が経ちました。 日数にするとタイトルの数字になるんですね。 超音波検査の精度が悪くて、具合が悪くても状況がわからないとか、 今なら薬を飲めば良くなる不調も、大掛かりな処置が必要で それをしても良くなる…

冷えますね…

私のミニマフラーを、もしやと思って巻いてみたら… なんとも ぴったりではないか! ぴーにゃっつ君よ しかも私より似合ってるではないか! 悔しい〜!(…なんてね) 寒いけれど、 いろいろあるけれど、 きっと大丈夫。 ファイト!

八重洲にて

クリスマスシーズン、 昨日、八重洲地下街を通りましたら、イルミネーションが美しく、 静かに輝いていました。 一昨年(写真)はツリーや撮影スポットがありましたが、 今年は天井の飾り付けのみ。 このイルミネーション、白い雫が落ちてくるような動きがあっ…

夏の花でも

厚手のコートがほしい今日この頃。 昨夜、モミジアオイの花を見かけました。 例年、夏の花期を楽しみにしていた株ですが、 今年は伸びてきた枝が根ぎわからぷっつり切られたのです。 当然、花は望めず… 何もなかった株から、秋に芽が伸びてきたのを見つけ、 …

もうじきに

近所のお庭のイルミネーションが今年も輝いています。 11月もそろそろ終わりになりますね。 来年の手帳がもうじき始まります。 2022年は、縁起のいい日手帳 マンスリーを選びました。 日めくりの暦を作っている会社が作製したものです。 暦のプロがつくる 縁…

ちょっと一服

気分を変え、ひと息つきたいときの 抹茶オレ 缶入りの抹茶をはじめて買ったのは、まだ暑かったころ。 勘違いで高価なのを取っていたことに気づき、 これはきちんと点てないともったいないなと、 茶筅を入手し、点てかたを調べ… ああ、何故こんな大ごとになっ…

千本公孫樹

木の葉があちこちで色づいていますが、 葛飾八幡宮の千本公孫樹はどうかな?と昨日行ってみました。 写真ではかなり黄色く見えますが、目で見ると少し黄色が入ってきた程度 黄金に染まるのはいつになりますか… 樹のそばで佇んで富士塚や境内社の方を見ていた…

「みんな頑張ろう」

昨日、鉄分補給をしてきました。 そうして出かけるといつもの路線も不思議と気分が違うもの。 車窓を眺めていたら、小さな応援メッセージを発見しました。 理容室の窓に貼られた紙に みんな頑張ろう、と。 このお店、以前はよく二階の窓にメッセージがあった…

食べることは大事でも

珍しく肉を食べたくて、買って来て野菜と炒めて食べたら、 肉の味わいがなくてびっくり。 うちで頼む生協では、こんなことはなくて。 しょうゆだけの味付けだからかな(超手抜き)。 焼肉のタレを使えば気にならないのかもしれません。 そうだとしたら、タレを…

晩秋

久しぶりに大きい図書館へ行きました。 雑誌読み放題、しかも座っていられるのがうれしいところ。 目と脳にご馳走という感じ。 この図書館のそばに、樹の生茂った民家があります。 塀の内いっぱいの枝は少し道側にもはみ出ていて、住んでいる気配はなく、 か…

日展2021

日展を観てきました。 こぎん刺しに絞り、工芸の部屋だけを歩いていきましたが、 力のある作品ばかりで、自然と目が留まるものも。 昨年も観たような作品は、作風なのか、テーマを追求しているのか。 華やかなもの、不思議なかたち、つややかなもの、ザワッ…

晴れる日

陽を浴びに出かけるつもりが、結局日暮れてからの散歩に。 それでも大きな赤い葉を散らす木(ハナミズキかな)や 咲きかけなのかヤツデの白い花が、ほんのりと視界に入り、 季節を満喫しました。 闇へと移ろう中、明るい星が輝くさまも、 この時間ならではの…

味覚の秋、芸術の秋

昨日の晴れに、外出を満喫。 秋の陽射しあふれる電車内、 車窓は緑の中に秋色を忍ばせる樹々が目につきます。 東京を西へと向かう途中、 新宿御苑で降ろしてほしいと真剣に思いましたが、 それでは目的地にたどり着けなくなるわけで。 目的は、こちら。 和梨…

読書の秋、読書の旅

福岡伸一さん。話題になった動的平衡などで、ずっと気になっていた方。 今さらですが、著作を初めて完読しました。 福岡伸一 『ナチュラリスト―生命を愛でる人―』 | 新潮社 科学者のあり方はいくつか分かれているそうですが、 自然をありのまま捉えて記述し…

体温計

体温計の電池を交換しました。 小さなネジ、細かな電池周り、 精密なつくりに感心しました。 これからもお頼み申します。 ずっと前から使っているこの体温計、 数字が大きくて見やすいものですが、 他の表示は小さくて、見にくいのですね。 黒い液晶はなおさ…

旧暦長月の満月

外へ出て、冬と思うような風の冷たさ。 思わず"北風小僧の寒太郎"を口ずさむ。 まだ寒の時期ほど冴えてはいませんが、 今宵の月は丸く美しく輝いていました。 この気候に身体がついていきませんが、 養生してまいりましょう。 今年もそろそろ見ごろではない…